ゲーム制作

何度も挫折した3D初心者がVRoidでキャラを完成させるまで

簡単に3Dキャラクターが作れる!と話題の VRoid Studio

えーっ!!こんなにかわいいキャラが簡単に作れるの~?!とワクワクしながら作業を開始するも束の間……

「後ろの髪の毛ってどうやって生やすの?!」「どうやってもキャラに似ない!合う衣装もない!!」

理想のキャラが作れず放り投げた方、いらっしゃるのではないでしょうか?私もその一人です。

今回は、そんな風に何度も挫折した私がVRoidで理想的なキャラを完成させるまでの道のりを紹介するとともに、つまづきやすいポイントを解説していきます。

VRoidには3つの壁がある

VRoidには

  • 理想のキャラクターに似せられない
  • 理想の髪型が作れない
  • 理想の衣装が作れない

という3つの壁があり、この壁にぶつかってしまうが故に完成できずに挫折してしまいます。

そこで、この記事ではそんな3つの壁を私がどう乗り越えたか、乗り越えるために何を参考にしたか?ということについて解説していきます。

理想のキャラクターに似せるには?

理想のキャラクターに似せるには、そのキャラクターの色や、輪郭・目・鼻・口などパーツの位置を合わせると良いです。

SAIなどカラーコードが出ないペイントツールを使っている場合はRGBの値を合わせることで同じ色を表現できます。

パーツの位置を合わせるのには透過ウインドウが便利なのですが……

上記の記事で紹介されているのはMac専用のブラウザなので、私含めWindowsユーザーの方用に別のアプリを探してきました!

コチラのアプリはWindows10でも問題なく使えましたので、透過ウインドウが使えるソフトが見つからずお困りの方は試してみてください!

理想の髪型を作るには?

初心者の方がつまづきがちな「後ろの髪が上手く作れない!」問題は、下記のブログがとても分かりやすく、参考になります。

また、私の作った創作キャラクターは「ネコミミ」が必須だったのですが、ネコミミの作り方は下記の動画講座がおススメです。

ネコミミに限らず、ふんわりとした髪を作りたい場合は、あらかじめメッシュを伸ばしておかないと手描きした際に描きたい部分まで髪が伸びていかないので注意が必要です。

理想の衣装を作るには?

なんと!10月のアップデートでテクスチャのインポート/エクスポートが出来るようになり、お手持ちのペイントツールで衣装が編集出来るようになりました!!!!

まだテクスチャの編集しか出来ないので着れる衣装の形は限られますが、ぴちっとしたもので良ければズボンも履けるようになりましたので男性キャラも作れますよ!

紆余曲折を得て…理想のキャラ誕生!

▼完成したVRoidキャラクター「カミール」

▼元になったキャラクターはこの子!

さっそくVワールドで遊ぼう!

VRoidで作ったキャラをサクッと動かしたいならおススメはVワールド

VRoidからエクスポートしたモデルですぐ遊べちゃう!

3D初心者でも、このように自由にモデルを動かしたり……

ポーズをとらせたりが簡単に出来ますので、非常におススメなソフトです!

おわりに

VRoidで理想のキャラクターを作るにあたって、上記のように色んなことを調べ、色々な方のノウハウに助けられました…!心より感謝申し上げます!

他にも、Twitterやboothなどで様々な衣装テクスチャが配布されているので、利用規約を守って楽しくVRoidで遊んでいきましょうね!

この記事がこれからVRoidを制作する方の手助けになれば幸いです。

VRoid Studiohttps://vroid.pixiv.net/